芹香斗亜さんの初めてのバウホール主演『フォーエバー・ガーシュイン』

2013年に宝塚歌劇団花組で上演されたバウ・ミュージカル・ロマンス『フォーエバー・ガーシュイン』−五線譜に描く夢−。この作品は、芹香斗亜さんの初めての宝塚バウホール公演主演作品でした。また演出家・野口幸作さんのバウホールデビュー作でもありました。20世紀のニューヨークが舞台になっており、アメリカの人気作曲家ジョージ・ガーシュインと女性音楽家ケイ・スウィフトの恋を中心に描かれています。
天才作曲家ジョージ・ガーシュインを芹香さんが、ケイ・スウィフトを仙名彩世さんが演じました。仙名さんは初めてのヒロイン役でした。ケイ・スウィフトの夫で銀行役員の息子ジェームズ・ポール・ワーバーグを瀬戸かずやさんが演じました。
ジョージ・ガーシュインの親友でタップダンサーのフレッド・アステアには柚香光さんが、姉のアデール・アステアには華耀きらりさんが扮しました。イギリス出身の大女優ガードルード・ローレンスには桜一花さんが挑戦しました。ベルタ酵素 ドラックストアーで売ってる?